本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

NO743 給料の話をすることが効率化への第一歩?

2024-04-19
おはようございます('◇')ゞ

働き手にとって会社は貨幣の返還BOXだという考え方もあります。つまり、100という労力を提供したとき、それがいくらとなって自らに変換されてくるのか?ということです。同じ100を提供したとして、100還ってくる会社、200が還ってくる会社、50しか還って来ない会社。それが初任給の高さであったり、昇給の伸び率であったりします。人は給料を稼ぐために働いていることは事実です。経営者は誰よりも給料に敏感でなければなりません。もっと給料の話をしなければならないと思います。人事評定も会社のルールも全て給料に紐づけるくらいの考えがあっても良いと思うのですが、なぜか多くの会社において給料の話はタブー視されている感じを受けます。給料の話を従業員とすることが効率化への最初のステップではないでしょうか。じょうむ

NO742 働くのを辞めたときに感じること

2024-04-18
おはようございます('◇')ゞ

「働きたくない」という若者が多いことは事実でしょうが、実際に働き口がなく何もすることがなければ、程なく恐ろしい虚無感に襲われると思います。「社会の役に立つ」「誰かのためになる」ということは自分の幸せや人生の充実感に直結しています。
 もし、自分の趣味や娯楽が楽しすぎて「それだけやって過ごしていたい」と思えるなら、それはきっと、やりたくても無尽にやれる環境ではないから、また、やりたいと思ったときにできるから「楽しい」と感じられるのではないでしょうか。
 私の趣味はキャンプですが、同じキャンプ場で同じようにキャンプしていても感じる楽しさはまちまちです。これは何だろう?と考えてみますと、平日の仕事が忙しかった週末のキャンプはものすごい解放感とこの上ない楽しさで満たされていると感じます。その日があいにくの雨だったとしても、その雨音さえもまたそれらを助長してくれる要素になったりします。逆に何となくの流れで週末を迎えてしまったキャンプでは、絶好の天候であるにも関わらず、これといった突き抜けた楽しさを感じません。
もし働くことが嫌であるなら、その嫌さを休日の趣味の時間を一層面白くするスパイスとして逆利用してやるぞ!という考えもまたアリでしょう。アウトドアシーズンに本格的に突入しました。さて、過去一のキャンプを過ごすために、来週はどれだけの仕事を詰め込んでやりましょうか。じょうむ

NO741 秋田は桜が満開!桜が教えてくれること

2024-04-16
おはようございます('◇')ゞ

秋田市は桜の満開を迎えています。桜の名所もいいですが、街中の至る所で美しい桜に出会うことができます。
しかし、桜の満開はいいとこ一週間くらいでしょう。後は来年まで何もありません。しかし、これだけ日本人に愛され、みんなが傍に寄りたがる。個人の庭先にも桜の木を植えたがるのはなぜなのでしょう。
桜を見ていつも思うことは「一つのことに突き抜けて長けている」ことの重要性です。365日のわずか5日~7日だけのことですが、抜群に突き抜けている、みんなの記憶に刻まれている。これは非常に勉強になりますね。「春と言ったら桜」この一念のみで桜はこれからも人間に愛でられることでしょう。会社であれば、それが商品であったり、従業員だったりするわけです。じょうむ

NO740 同じ事をしているのに雲泥の差になる事象に注意

2024-04-15
おはようございます('◇')ゞ

端的に言えば、あくび・ため息・愚痴・批判などは一切封印するということです。人間ですから、それらをついついしたくなるのは分かります。が、それをいかに封印できるか?に自分の力量が問われていると考えなければならないと自身に言い聞かせています。例えば、結局やらなければならないことであれば文句を言わず爽やかにやり遂げるということです。これをグチグチ何か文句を言いながらやったり、ため息をつきながらやっていたりすると、結果が同じであったとしても、その評価の差はどれだけになるでしょうか?労力は全く同じ、結果も同じ、でも評価には雲泥の差がつく。これは非常にもったいないことです。どうあがいてもやらなければならないことなら、誰よりも爽やかにやり遂げることが最大のパフォーマンス評価につながることを決して忘れてはなりません。これは演技でやっていてもバレてしまいます。「これは逃れられないな」と判断したら、あとは覚悟を決めて心から爽やかに取り組む。どうせやるなら最大の取れ高を得ましょう!じょうむ

NO739 ベースは明るく笑顔

2024-04-13
おはようございます('◇')ゞ

人間ですので様々な気持ちが変化があることは認めます。しかし、勤務時間にあっては「常に明るく」あらねばなりません。これは就業規則に謳っても良いレベルだと考えます。勤務時間は「明るく」ということは義務です。労働8時間は「名演技」の時間とも言えます。自分の機嫌の悪さを前面に出してくる人や暗~い雰囲気を出している人がいますが、これは「俺に関わるな」というサインを周囲に出しているに等しい行為。お願いしたり、されたりを織りなして行われる「労働」に勤める人間として失格であり、人間的に未熟です。
対して、常に明るくしている人や、周囲と笑顔を絶やさずに接している人というのはそれだけで仕事を円滑に進められます。笑顔には大きな力が備わっており、その代表的な力として笑顔を向けた相手に対して「自分のエリアに入ってきていいよ」という承認を常に与えているという効果があります。これが人を惹きつける大きな要因です。人には承認欲求があり、それを常に満たしてくれる人間の存在は、その人への依存を高めます。同じミスをしても「しょうがね~な~」と許してもらえるのは普段明るく笑顔で振舞っているからだとも言えます。じょうむ

▼お気軽にお問い合わせください

2024年
04月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2024年
05月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2024年
06月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
日曜・祝日は定休日。水曜日も基本定休日ですが、週内に祝日がある場合は営業しているケースもあります。
  • 定休日
  • 営業日
0
2
6
7
9
6
TOPへ戻る