本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

NO366.勇往邁進~ラブオールプレー~

2022-09-24
おはようございます('◇')ゞ

バトミントン部に焦点を当てた大人気スポーツアニメ「ラブオールプレー」。
主人公の所属する横浜湊高校の監督が部活のスローガン「勇往邁進」と主人公のプレーについて語る場面があります。

「勇往邁進…意味を理解することと、真意を会得することとは大きく違います。」

勇往邁進とは、目標に向かってわき目もふらず勇ましく突き進んで行くことを言います。
その意味を理解しているだけのことと、それを実践し、自らの五感全てで実際に感じとることとは大きく違うのだ、ということを言っています。
その通りだと思います。今はスマホも普及し、分からないことは瞬時に検索し、その意味を知ることはほぼリアルタイムで出来るようになりました。
そのせいか、「知る」ことが終点になりがちです。頭でっかちになりがちです。
「知っている」こととは、物事の真意(核心)ではなく、真意に迫るための基礎知識に過ぎない、そんな捉え方を肝に銘じ、行動に移して失敗を重ねては修正し、また行動する。迷ったら”意味”に立ち返り、考え、また行動し始めることを心掛けていきたいと思います。
「勇往邁進」表面的な意味だけを追えば、一直線(最短距離)に突き進んで行く様をイメージしがちですが、迷い・悩み・挫折・後悔など様々な紆余曲折(らせん状)に見舞われても、決して、恐れることなく・ためらわず・あきらめずに進んでいく”しつこさ””力強さ””自分を信じきる力”を心に持って行動し続ける、それこそがその真意なんだ、とこのアニメは訴えかけます。じょうむ

NO365.「あれをやることになったので、これができなくなります」( ゚Д゚)??

2022-09-23
おはようございます('◇')ゞ

本日は秋分の日ですが、絶賛営業中の山瀬青果です(*'▽')

新しい仕事をお願いすると「では、これができなくなります」という人いますね。
何かこう、交換条件みたいに引き合いに出してくる方。冷静に業務を分析されていて良いと思います。
ですが、結局、あれをやるから、これができないというのであれば、差し引きゼロとなり、あなたの給料は上がりません。それを理解しているのであれば問題なし。

「今までのことをやりつつ、頼まれた仕事もこなす」から貢献度が増え、結果、給料が増える。
業務の経験値があることと昇給の有無とは関係ありません。業務の経験値を活かし、会社の利益への貢献実績が上がって初めて給料が上がるのです。
山瀬青果では”プロ野球の審判”という資格を取得しても給料は上がりません。でも、その資格があることを”ネタ”にお客さんが増え、売上や利益が実際に上がったのであれば給料は上がります。
潜在能力を有しているだけでは意味はなく、それを顕在化(実際の業務成績に反映)させてこそ給料が上がるという考え方です。(*´▽`*)ウフフ じょうむ

NO364.学校の先生はどうして教えてくれるのか?

2022-09-22
おはようございます('◇')ゞ

新卒の方に多いですね、教えられるまでボーっと立っているだけの人。何もしない人。
「教えてもらえなけば、どう動いていいか分からないじゃないですか」と当然の”権利”の如く言う人。
それまでは学生で授業を”受けて”いればよかった。やる気が無くても、多少反抗しても学校の先生は粘り強く教えてくれました。関わってくれました。有難いことですね。でもどうして学校の先生は私たちに一生懸命教えてくれたのでしょう。指導をしてくれたのでしょう。
それは「あなた(の親)が授業料(お金)を払っていた」からです。あなたは学校の先生にとってはある意味「お客様」だったからです。
でも、社会人になった今はどうですか?あなたはお金(給料)もらっているんですよね。
教えてもらうのであれば、お金をもらっている場合じゃなく、教えてもらう人にお金(指導料)を払わなければならないのではありませんか?
実際払ってますか?払ってもいないのにどうして「教えてもらえる」と受け身なのですか?
山瀬青果の今のトップセールスの面々は、上司や先輩のやり方を盗んだり、自ら懇願して多大な労力と引き換えにその技を伝授してもらった上に成り立つプロフェッショナル集団です。
ただ待っていれば、それらの技を向こうから教えてくれるだろうなんて甘すぎる考えです。
当社は地域の食という命に直接かかわる仕事をしている会社です。古いと言われようが、人手不足と言われようが、自ら学ぼうとしない人間に教える必要は一つもないですし、雇い続けること自体がナンセンスであると考えます。そしてそれは未来の山瀬青果にも貫いていかなければならないポリシーだと私は強く感じています。楽しくも厳しい会社でなければなりません。頼られる会社であり続けるために。 じょうむ

NO363.「1分の遅刻くらい、大目にみてよー」Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノキック

2022-09-20
おはようございます('◇')ゞ

「○○さん、今日は1分の遅刻ですね」「いやいや、1分の遅刻くらい大目にみて下さいよぉ」
当社で実際にこういうやり取りはまだないのですが、十分に想定されるケースですね。
こういうときは次のように切り返そうと準備しています。「では何分まで大目に見るべきですか?」「そうですね~5分くらいまでかな」「では6分遅刻したらダメということですね」「ええ、そんな感じではないでしょうか」「では、5分がセーフで6分がアウトという、その1分の差で明暗が分かれる根拠はなんですか?」「・・・」
「1分の差で明暗が分かれるというのであれば、1分の遅刻は遅刻なのではありませんか??」・・・さあ、どうします?( *´艸`)ウフフ じょうむ

NO362.1日一つ「わからないこと」を見つけて、1日一つ「わかること」を増やす

2022-09-17
おはようございます('◇')ゞ

人生40数年生きてきても、未だにわからないことだらけです。でも、それだけ伸びしろがあるなぁとワクワクします。
自分なりに調べて、「ああ、そういうことか!」と分かった時の感動というか快感はクセになります。
高校生と小学生の娘2人にも「勉強が嫌ならしなくていい、でも、1日一つ”わからない”ことを見つけて、1日一つ”わかること”を増やしなさい」と事あるごとに言っています。
最近では、私が「1日一つ”わからない”ことを見つけて・・・」と言うと、続けて言うのを制するように娘が「1日一つ”わかること”を増やす!」と言うようになりました。
それを毎日続けていくだけできっと人生は圧倒的に豊かになると信じています。それをやり続けている限り、自分の進歩は止まらないのですから。じょうむ


▼お気軽にお問い合わせください

2022年
10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年
11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2022年
12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
日曜・祝日は定休日。水曜日も基本定休日ですが、週内に祝日がある場合は営業しているケースもあります。
  • 定休日
  • 営業日
0
0
9
9
3
4
TOPへ戻る