本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

桜は早いが、山菜はいかに?

2021-04-27
桜の開花は、観測史上最速なんてニュースが飛び交いましたが、
春の代名詞である山菜の入荷状況や品質は遅れ気味?の印象を受けます。

秋田はまだ朝の気温が「寒い」と感じるほど冷え込んでおります。
県南ではみぞれも降ったとか。

なんだか、年々気候のことが心配になってきております。
肌で感じ、市場の入荷状況でも感じるのでなおさらですね。

しかし!僕たちは自然とともに生きる動物です!
悩まず、ありのままを受け入れ、それを楽しむ! 自分の心がけ一つで自分の世界観は変えられます!
問題は常に自分の中にあるとか。

バカボンの作者である赤塚不二夫さんは、これを見事な一言で言い表しています。
「これでいいのだ。」
若かりし頃の僕は、てきとーな言葉だなとしか思っていませんでした。
でも、今ようやくその言葉に込められた奥深さを感じられるようになりました。      
先人の知恵とは、実にありがたいものです。                  じょうむ


全ては芸術になる

2021-04-24
カチャンッ、カチャンッ、カチャンッ・・・・
当社の加工センター(野菜や果物を袋詰めするところ)から、一定間隔を刻みながら、小気味いい作業音が響きます。

無駄のない熟練の動きの連続は、まさに芸術品を見ているかのような光景です。

経験や、試行錯誤の先に行きついたシンプルな動きには洗練さが光ります。
コピーを誰よりも速く正確にとれる人、用紙の裁断が速くキッチリできる人・・・
ともすれば、雑用と呼ばれ、敬遠されたりバカにされたりする作業ですが、それを極めた人は光を放ちます。

個人的には、雑用が完璧にこなせる人は”カッコええ”と思います。
普段、どっかり座っている上司が、とんでもないコピーの達人だったらビビりますよねw

どんな作業も侮ることなかれ。極めれば芸術になります。           じょうむ



違和感というバロメーター

2021-04-22
昨日は市場休。リフレッシュして週後半に向かいます!

とある社長さんとお話をさせていただいたときに、その社長さんが
「従業員から反対意見の出る案ってのが、良い案なんだ。」 とおっしゃっていました。

新しいことを始めるときっていうのは、新しいことであればあるほど違和感が大きくなるもの。
だから、今の状態に慣れてしまっている人や、変化を嫌う人からは反対意見が多く出てくる。
そういった人達から反対意見も出てこないというのは、そもそも何も変わらない案ということで意味がない。
という意味のお話でした。

なるほど。違和感が無ければ、それは新しい挑戦でも何でもないってことですね。
一理ありますね。

もちろん、ケースバイケースだと思うのですが、大いに参考にさせていただきます!       じょうむ

働き方改革ってな~に??

2021-04-20
夜の更新となりましたw 
本日の夕方~「働き方改革セミナー」なるものに参加してきました。

講師の方は、「有給休暇の充実!」「早帰りの積極的導入!」「手当の充実!」って強調してましたが・・・????
ちょっと小首をかしげながら聞いていました。

働き方改革って、休みを増やして給料を上げるってことなんですか??
働き方改革って、仕事をなるべくしないで給料をもらおうってことなんですか??

僕は思います。
働き方改革とは、仕事を通じてその人の人生がより豊かに、より充実したものになるためにはどうすればいいのか
を考えることではないのか。と。

「休みを増やす=働き方改革」ではないと思ってます。

当社の例で言いますと、休日出勤に関して、
Aさん「私は、手当の加算などは要らないので、休日はしっかりと休みたい」
Bさん「稼げるうちは稼いでおきたいので、毎回出ても構わない。できるだけ参加させてほしい」
という意見がありました。
もちろん、法律上の問題がありますので、休日出勤を毎回出させるわけにはいかないです。

でも、「働き方改革」という観点から言えば、
「会社の営業力を落とさず、AさんとBさん両方の働き方を実現させるためにはどうするべきなのか。」
という出発点に立って、働き方を最初(ゼロベース)から再構築してみる。ということなのではないでしょうか?

同じ人であっても、ライフステージによって働き方の価値観は大きく変わると思います。
会社基準の一辺倒な働き方の強制ではなく、その人のライフステージを支える柔軟な働き方を提供できる会社でありたいと思います。

じょうむ

津波てんでんこ

2021-04-19
さあ、週の初めです!今週はどんな出会いが待っているのでしょうかっ!!楽しみですね~(*´▽`*)

最近、地震のニュースが増えてきましたね。われらが秋田県でも、男鹿沖で震度3が観測されております。
地震がきて、津波だとなったら、私たちはどう動けばいいのでしょうか?

私たちは、避難訓練を幼い頃からやっています。押さず、騒がず、指示通りに整然と避難する。
そんなことを教わってきましたね。

私も決して忘れることができない、あの3.11 東日本大震災。
あの津波の状況下にありながら、小中学校の児童・生徒の生存率99.8%という驚異の成果を成し遂げた「釜石の奇跡」。
普段から教育されていた津波時の対応が、「津波てんでんこ」でした。

当時の状況や、その教えの詳細は、検索すればたくさん出てきます。
非常に参考になるかと思います。

さー、今週も元気出していきましょーー!                    じょうむ

▼お気軽にお問い合わせください

2022年
12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2023年
01月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2023年
02月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
日曜・祝日は定休日。水曜日も基本定休日ですが、週内に祝日がある場合は営業しているケースもあります。
  • 定休日
  • 営業日
0
1
1
3
7
5
TOPへ戻る